some drugs

共感する事も治療法

she is backache

当事者にとっては地獄の苦しみを周りと共有できないというのが、双極性障害など精神疾患の辛い点です。そのため双極性障害の当事者などは精神的に孤独感を感じやすくなり、より一般社会との関係構築に苦しむ事となっていくのです。ですので、インターネットの双極性障害のコミュニティや、民間の団体が開催している自助グループなどを利用してみるのも症状改善の方法として知っておくと良いでしょう。当たり前のように世間一般の感覚が備わっている人には無自覚だと思いますが、「共感」という精神現象は、双極性障害などマイノリティな精神疾患当事者にとって大きな安心へとつながります。100パーセント同じとはいかなくても、目の不自由な人同士だからこそ分かる日常生活や社会での苦労苦しみのように、当事者でないと感じれない感情というのが自助グループなどでは共感する事が可能です。孤独感というのは誰にでも大なり小なり存在していますが、障害者や精神疾患者などマイノリティであればある程その色は深いものとなっています。孤独感は心を蝕み虚無の感情へとつながっていき、最終的には生きる理由を喪失する事にもつながります。ですので日々孤独に戦っている双極性障害など精神疾患当事者の方々は、勇気を出して一度自助グループなどを利用してみてはどうでしょうか?インターネットで情報を探せば、特に都会では見つけやすくなっていますので、まずはチェックしてみると良いでしょう。